イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

土曜日に西宮大谷記念美術館で開催中の
「2017イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」に行ってきました。

ootanikinen_201709091004.jpg

ootanikinen_201709091007.jpg

多分10年以上、毎年、行っていますが、自分が絵を描くようになると、
画材は何?に加えて、支持体は何?に興味がわきますね(笑)

今年は私好みの明るい色彩が多く、
絵本の展示の仕方に工夫があってとても楽しかったです。

おかげで、会場で絵本を2冊買い、1冊(※)は踏みとどまりました。
ehon_201709100821.jpg ehon_201709100822.jpg

ところが、帰宅後、密林でポチっとしてしまいました(笑)
りんごかもしれないの到着を待っています。

こちらはポストカードと亜子さん

ako_20170910.jpg

亜子を撮って!と仰っています(笑)

◆◇◆お教室のお知らせ◆◇◆

現在、2教室開講しています。いずれも体験レッスン有り。

・JUEGIAカルチャー堺タカシマヤ教室:第一木曜 10:15~12:15
詳細・お申し込みは JUEGIAカルチャー堺タカシマヤ

・イオンカルチャークラブ日根野教室:第三木曜 10:00~12:30
詳細・お申し込みは イオンカルチャークラブ日根野店

※デザイン持ちこみ希望の方は、スペインタイルの技法で表現できない場合もありますので、事前に、primavera☆cat.zaq.jpまで(☆を@に代えて)ご相談ください。その他のお問い合わせも歓迎です。

◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆
下のバナー2つ(↓)をポチッとしていただけると、ランクが上がって励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆
スポンサーサイト

ルオーのファイアンス焼き

あべのハルカス美術館の「マティスとルオー」に行ってきました。



マティスは、(私の絵が)似ていると言われたことが2回あってり、
まぁまぁ好きな画家さんですが、ルオーは知りませんでした。

一番、見入ってしまったのは、アンドレ・メテ作陶 ルオー絵付けの「花瓶 水浴の女たち」です。ファイアンス焼き(※)だそうで、温かみを感じました。フランスでの陶芸の知識が無かったので今回、出会えてよかったです。

※ファイアンス焼き・・・錫釉薬陶器。中世ヨーロッパでは鉛釉を施していたが、錫酸化物を加えるようになりました。これは不透明で真っ白は表面を生み出し、金属酸化物の顔料で上絵付けを行った際、鮮やかに映えます。イタリアのファエンツアが15Cにマヨルカ焼きの生産拠点になり、この街の名前に由来します。フランスまで広まっていたとは知りませんでした。

※作品は撮影禁止なのでググってみました。そしたら、2年前にこんな魅力的な展示があったなんて。行きたかった。。。「ルオーとフォーヴの陶磁器

自宅教室(大阪南部)

時間:13時~16時。曜日は応相談。
正確な場所はお問い合わせいただいた方にお伝えします。

primavera☆cat.zaq.jpまで(☆を@に代えて)お気軽にお問い合わせください。

※体験レッスン有り。
デザイン持ちこみ希望の方は、スペインタイルの技法で表現できない場合もありますので、事前に上記アドレスまでご相談ください。

◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆
下のバナー2つ(↓)をポチッとしていただけると、ランクが上がって励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆

拝啓ルノワール先生 ― 梅原龍三郎が出会った西洋美術

特別、ルノアールや印象派が好きでもないのですが、切り口が面白いなと思い、あべのハルカス美術館で開催中の「拝啓ルノワール先生―梅原龍三郎が出会った西洋美術」に行ってきました。

renoir_20170128.jpg

梅原は20歳で渡仏。
43歳年上ですでに国際的名声を得ていたルノアールがよくぞ会ってくれたと思います。

上の写真は「パリスの審判」のルノアール版と梅原版ですが、
模写のわりには画風がかなり違う!
師の絵に寄せられることなく自由にのびのびと描いてて、なんか好きです。

生涯の師を持つって素晴らしいですね。

梅原は蒐集家でもあったそうで、ルノワールから贈られた「バラ」や、交流のあった、ピカソやマティス、ルオー、セザンヌらの作品を思いがけず多数見られて良かったです。

それと、ルノアールは若いころ、磁器の絵付けをしていたことと、梅原のマヨルカ陶器が描かれている作品もあって、なんだか、親近感がわきました。

あと、この面白い切り口を企画協力したのは株式会社キュレイターズですが、先の東京でのタイトルは「拝啓ルノワール先生 ─ 梅原龍三郎に息づく師の教え」となったいたので、そういうところは主催者が変えれるんだ・・・と開催に至る、裏方さんも身近に感じました。

とても面白かったです。

はじめましてのアート展2は終了しました。
ご高覧いただき、どうもありがとうございました。

ぶぅの通院に伴い、第4木曜日に阿倍野で開催していたお教室はクローズしました。

※自宅教室(大阪南部)はあります。
時間:13時~16時。曜日は応相談。
自宅教室の正確な場所はお問い合わせいただいた方にお伝えします。

primavera☆cat.zaq.jpまで(☆を@に代えて)お気軽にお問い合わせください。

※デザイン持ちこみ希望の方も、スペインタイルの技法で表現できない場合もありますので、事前に上記アドレスまでご相談ください。

◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆
下のバナー2つ(↓)をポチッとしていただけると、ランクが上がって励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆

「Your Blue,My Red 藤本絢子 船戸あやこ展」 に行ってきました。

スペインタイルの大師匠船戸あやこ先生が洋画家の藤本絢子さんと
大阪で二人展をされていて、最終日の今日、ようやく行けました!



二人で相乗効果を出すのはとても難しいと思うのですが、
響き合いがとても素敵で、パワーもらえました!

1月のロコロナギャラリーさんでのお教室は行いません。

※自宅教室(大阪南部)はあります。
時間:13時~16時。曜日は応相談。
自宅教室の正確な場所はお問い合わせいただいた方にお伝えします。

primavera☆cat.zaq.jpまで(☆を@に代えて)お気軽にお問い合わせください。

※デザイン持ちこみ希望の方も、スペインタイルの技法で表現できない場合もありますので、事前に上記アドレスまでご相談ください。

◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆
下のバナー2つ(↓)をポチッとしていただけると、ランクが上がって励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆

「ピカソ、天才の秘密」展

あべのハルカス美術館で開催中の「ピカソ、天才の秘密」展に行ってきました。

子どもの頃に初めてピカソの絵を見た時はデッサン出来ない人かと思いましたが(笑)、やがて、大学生になり陶芸作品や青の時代の作品を観た時の衝撃は忘れられません。

今回の展示はキュビズム以前の、少年時代、青の時代、バラ色の時代、キュビズムとその後からなりたっていて、展示数も多く、それぞれの作品が生まれた背景などを感じながらじっくり鑑賞できました。

左:パンフレット 右:キク(1901年)

picasso_20160423.jpg picasso_201604230620.jpg

余談ですが、タイルや陶器、ヤモリのマグネットと言ったグッズが売られていました。
ピカソはスペインだものね。。。

ロコロナギャラリーさんでの次回スペインタイル絵付け教室

日時:4月28日(木)15時~18時 ※都合によりいつもより1時間遅いです。
場所:大阪阿倍野のロコロナギャラリー
講習費:2000円
材料費・焼成費:15×15cmのタイル1枚500円

作家さん以外、一般の方のご参加も大歓迎です。
デザインを豊富にご用意してお待ちしています。

※自宅教室は13時~16時。曜日は応相談。
※5月からカルチャー教室も始まります。

primavera☆cat.zaq.jpまで(☆を@に代えて)お気軽にお問い合わせください。

◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆
下のバナー2つ(↓)をポチッとしていただけると、ランクが上がって励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

プロフィール

陶工房Primavera

Author:陶工房Primavera
工房ブログへようこそ!

・心斎橋のねこ庵さまでコースター、温度計などの作品を委託販売して頂いています。ねこ庵さまのブログhttp://ameblo.jp/keismako/

・猫柄パズルは大阪心斎橋の「A stair」さんで手に取って遊んでいただけます。詳しくはこちら☆へ。

◇◆◇ランキングについて◇◆◇

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ♪クリックで投票となります(1日1回有効)

◇◆◇まつもとのりこ◇◆◇



大阪生まれ。甲南大学応用数学科卒。IT業界にて忙しい日々を送っていた2002年にスペインタイルと出会う。(出会いの詳しいエピソードはこちら☆へ)2005年スペインタイルアート工房卒業。専門コースに進み、2012年よりスペインタイル作家・講師に転身。陶工房Primavera主催。

2016年より京都造形芸術大学通信洋画コースで学び中。

2016年空堀アート公募展「風雅第15回絵画展」奨励賞受賞。その他グループ展参加多数。

また、鑑定士(占い師)の経験もあり、現在はペットの気持ちのみ無料リーディングを行っています。こちらからどうぞ。

◇◆◇看板猫その1◇◆◇

koneta290_convert_20120703113619.jpg

なんちゃってアメショーのぶぅにゃん。
推定1994年12月17日生まれ。
1995年6月に突然「ボクと暮らしませんか?楽しいですよ!?」と実家に訪問販売に現れる(笑)お客さん(特に女性)が大好きでご機嫌さんな日々を送っていましたが、2017年5月4日22歳で永眠。

◇◆◇看板猫その2◇◆◇

goods030.jpg

オッドアイが魅力の白猫めぃちゃん。
推定1996年9月1日生まれ。
同僚が住むマンションのゴミ集積所の大きなコンテナに捨てられていたところを保護。ぶぅ兄ちゃんと仲良く暮らしていましたが、2006年10月、肝臓を患って旅立ちました。今回、虹の橋の向こうから参加です。

◇◆◇看板猫その3◇◆◇



茶トラの亜子姫。
2008年3月中旬~下旬の生まれ。
生後6週位の時、高知県某所の街中の植え込みに捨てられていたところを保護。ネットで里親募集を見た、ぶぅ兄ちゃんの一目ぼれでお嫁入りしてもらうことに(詳しくはこちらの記事から)。以降、ぶぅ兄ちゃんの24時間保育でスクスクと成長し、今や、カトちゃん夫妻もびっくりの仲良し年の差カップル(笑)

◇◆◇著作権について◇◆◇

デサインの使用、模倣、当ブログ内の画像や文章の転載を禁止します。

◇◆◇リンクについて◇◆◇

リンクフリーですが、ご一報くださると嬉しいです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

PVアクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: