窯出し

丑三時ちょい手前にたまたま目が覚めて、ついでに窯の様子を見に行きました。
いつもは途中覚醒しないのでやはり気にしていたのでしょうね!?(苦笑)

尤も、全自動タイマーのため、確認したところで何をするでもないのですけどね。。。

ぶぅ氏もついてきて。。。



この後、朝だと勘違いしたのか?ご飯チョーダイ攻撃と、
亜子も参加した運動会が小一時間繰り広げられました。あーネム(-_-)zzz

ちなみに、下の写真は、釜の温度が表示されています。

左:1時57分。893度。まだ上昇途中。 右:6時48分。465度まで冷めた。
tile_201211260157.jpg tile_201211260648.jpg

100度まで下がったら取り出すのですが、結局20時になりました。
そうして、素焼きタイルの上に並べたらパチパチ、激しく音がして(貫入が育っている音と思われます)、初めてだったのでちょっとびっくり(^^♪ 結局30~40分、パチパチ鳴ってました。

表面にアクリル絵具を塗って(ひびが目立つように)フレームを重ねてみました。

tile_201211262115.jpg

貫入を拡大するとこんな感じ(↓)です。

tile_201211262118.jpg

白貫入と顔料の相性の悪さのため、レトロ感ある仕上がりとなりました。
好みは別れると思いますが、ワタシ的にはそれを狙っていたので、ほぼ満足です。

ちなみに、ピンクっぽく見えるのは、釉がけをちょっと失敗してて(薄かった)タイルの色が透けているからです。言い訳になりますが、白貫入はいつものシグロと比べて、かき混ぜてもすぐに沈んでしまうのが難しかったです。あと、花瓶の下の影の部分はもっと暗く描くべきでしたね。どちらも、次回作への課題です。


◆◇◆ ランキングに参加しています。 ◆◇◆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ  
にほんブログ村     看板猫 ブログランキングへ

◆◇◆ 応援ありがとうございます。コメントはお気軽にどうぞ! ◆◇◆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうもありがとう!

釉描け、失敗してるけど、結果オーライかな(^^♪

ほんと!ほんと!どんな風に焼きあがって行くのか見てみたいですね!!

私の窯は、庫内が30センチの教室のより一回り小さいタイプです。
(26センチのお皿を焼きたかったのでこれにしました。)

普段は壁際に寄せていますが、
焼く時には壁から20センチ離さないといけないそうなので、ころころ引き出して来ます。

私も購入するのは、工房が起動に乗り、焼く作品が増えてからと考えていたのですけど、
消費税が上がるかもしれないので、1、2年後に買うのはアホらしいなと。。。(^^♪

やはり、家にあると便利ですね(^^♪

No title

素敵な仕上がりですねぇ~~!額にぴったり!
釜の中でどんな風に焼き上がっていくか一度見てみたいですねぇ~~。

釜を置くスペースって結構入るのですか?自分で焼いてみることが出来るって魅力的だけれど私にはまだまだです(ノ_・、)

☆sato-min さん

そうそう!

局所的に見ると土の成分は一定ではないから、
同じ発色をするとは限らないし、

電気窯でも、中でどんな風に対流が起きるかは分からない。

焼きあがりを待つ間のドキドキわくわく感は確かにギャンブルっぽい。
ギャンブルしないけど。。。(笑)

あっ!生き方がギャンブルか!?(苦笑)

No title

焼き物は偶然なのか、失敗なのか?
そういう偶発的なところがギャンブルっぽくてすごいなぁ〜〜と。


ほんと感心いたします♪



確かに萩焼似てますね☆
萩焼もひび割れやるものね〜〜
これからが楽しみです☆

☆sato-minさん

天の川!ありがとうございます。

偶然そんな風に釉がけを失敗してしまったのですが、
背景の濃淡が斜め上に向かって流れるように見えて、
結果オーライですかね!?(^^♪

> あのひび割れ法(専門用語あるとは思いますが)って
> 青磁や白磁にもよく見られますよねぇ〜〜

そうそう!見られますよね。

そうそう!思い出した!
今回の背景の色は萩焼の色に近いですよね!?

ちなみに夜中になっても時おり、ピチっ!、パチっ!と
音がしてました。
触ってみて、もう十分冷めているのですが、
いつまでも続くものなんですね(笑)

> ぶうにゃんもお手伝い(見守り)頑張りましたね(笑)

伝えておきます(笑)
お願いしてないのにね。。。(笑)

No title

あれ・・・。
ごめん、また名前ぬけたみたい・・・。
すまない(>_<)





No title

わたしはこの背景好きですけどね☆
引きで見たときの額縁の色とその内の白と、とってもバランスよくステキに見えますよ☆


なんでしょう。
白とピンクのグラデーションが天の川に見えます(笑)。



あのひび割れ法(専門用語あるとは思いますが)って
青磁や白磁にもよく見られますよねぇ〜〜



ぶうにゃんもお手伝い(見守り)頑張りましたね(笑)


トラックバック

http://primavera615.blog.fc2.com/tb.php/173-9e836459

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

プロフィール

陶工房Primavera

Author:陶工房Primavera
工房ブログへようこそ!

・心斎橋のねこ庵さまでコースター、温度計などの作品を委託販売して頂いています。ねこ庵さまのブログhttp://ameblo.jp/keismako/

・猫柄パズルは大阪心斎橋の「A stair」さんで手に取って遊んでいただけます。詳しくはこちら☆へ。

◇◆◇ランキングについて◇◆◇

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ♪クリックで投票となります(1日1回有効)

◇◆◇まつもとのりこ◇◆◇



大阪生まれ。甲南大学応用数学科卒。IT業界にて忙しい日々を送っていた2002年にスペインタイルと出会う。(出会いの詳しいエピソードはこちら☆へ)2005年スペインタイルアート工房卒業。専門コースに進み、2012年よりスペインタイル作家・講師に転身。陶工房Primavera主催。

2016年より京都造形芸術大学通信洋画コースで学び中。

2016年空堀アート公募展「風雅第15回絵画展」奨励賞受賞。その他グループ展参加多数。

また、鑑定士(占い師)の経験もあり、現在はペットの気持ちのみ無料リーディングを行っています。こちらからどうぞ。

◇◆◇看板猫その1◇◆◇

koneta290_convert_20120703113619.jpg

なんちゃってアメショーのぶぅにゃん。
推定1994年12月17日生まれ。
1995年6月に突然「ボクと暮らしませんか?楽しいですよ!?」と実家に訪問販売に現れる(笑)お客さん(特に女性)が大好きでご機嫌さんな日々を送っていましたが、2017年5月4日22歳で永眠。

◇◆◇看板猫その2◇◆◇

goods030.jpg

オッドアイが魅力の白猫めぃちゃん。
推定1996年9月1日生まれ。
同僚が住むマンションのゴミ集積所の大きなコンテナに捨てられていたところを保護。ぶぅ兄ちゃんと仲良く暮らしていましたが、2006年10月、肝臓を患って旅立ちました。今回、虹の橋の向こうから参加です。

◇◆◇看板猫その3◇◆◇



茶トラの亜子姫。
2008年3月中旬~下旬の生まれ。
生後6週位の時、高知県某所の街中の植え込みに捨てられていたところを保護。ネットで里親募集を見た、ぶぅ兄ちゃんの一目ぼれでお嫁入りしてもらうことに(詳しくはこちらの記事から)。以降、ぶぅ兄ちゃんの24時間保育でスクスクと成長し、今や、カトちゃん夫妻もびっくりの仲良し年の差カップル(笑)

◇◆◇著作権について◇◆◇

デサインの使用、模倣、当ブログ内の画像や文章の転載を禁止します。

◇◆◇リンクについて◇◆◇

リンクフリーですが、ご一報くださると嬉しいです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

PVアクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: