さすが!日本製

21日は夏至でしたが、雨が降り続きとても寒い1日となりました。

そのため、ぶぅ氏は昼寝中のじい様の上に乗り、暖を取っておりました(笑)

※しっかり、カメラ目線してくれました(笑)

ところで、先日、購入したタイルカッターは、さすが!日本製だと感心しました。

工房のはスペイン製で、あらかじめタイルに切りたい長さに鉛筆の線を引き、カッターがその真上に降りるように、使い手の判断で置いて、切ります。そのため、若干ズレて切れてしまうこともあるし、切ったあとは鉛筆の線を消しゴムで消す必要(油分が釉薬や顔料をはじくので)もあります(^^ゞ

ところが、日本製は目盛がついているので、鉛筆の線は必要ないし、寸分違わず切れます。
もちろん、鉛筆の線を消す必要もありません。

写真左:タイルカッター  右:カットしたタイル(※パヤパヤ、見えるのは姫のしっぽ)
DVC00137_convert_20120621132618.jpg 010_convert_20120621132520.jpg

ブログで言いたかったことは、スペイン製がバツで日本製が○ではなく、
カッターの仕様の違いは国民性の違い。
1ミリに違いにガタガタ言わない大らかさが幸せなのかも?と、言うこと。
☆ ランキングに参加しています。良かったらポチっと応援してください。 

絵付け ブログランキングへ

☆ こちらに拍手・コメントいただけるとしっぽ振って喜びます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初コメントありがとう!

☆逢坂レッド軍曹さん

いらっしゃませ。初コメ、ありがとうございます。

日本だと、家を作るのにもすきま風が入らないように出来る限りの努力をするじゃないですか!?
でも、スペインは違うみたいですよ。ヴァレンシア在住の先生によると、すきま風は入るものだから、
よけるもの(遮るもの)を置くみたいです(笑)

お昼休みもたっぷり取るみたいだし、
だから、経済が低迷するんじゃ???と言う気もしますが(笑)、陽気に暮らせるように思いますね(^_-)-☆

初コメント

新しいブログ開設おめでとうございます。^^  日本製のカッターて、便利なんですねえ。確かに国民性もあるかも。スペインの人は多少タイルの形やサイズがおかしくても、そんなに気にしないんでしょうね。日本人は(私もだけど)綺麗な切り口で、きれいな形でっていう、完璧さを求めてしまうから、合理的なカッターが誕生したのかもしれないですね。

No title

☆むらびとさん

医療関係だと、人的ミスが起きない仕掛けは必要でしょうが、
それ以外はどうでしょうね!?

スペイン製のカッターで切った作品は、
多少いびつな出来栄えに手作り味の良さを感じますし。

大阪ガスクッキングスクールでは、
賢いコンロに温度と時間を指定した調理を行うのですが、
自分で火を加減するコンロで十分だと思いますね。。。

No title

日本を外から見ると、ある意味「異質」に見える事があります。
タイルカッターにせよ自動車にせよ、Made in Japanの使い易さは外国製品の比ではありません。
細かいところにまで気配りが届いているのは「さすが日本製」だと思います。

反面、この日本人の気質ゆえ、どうしても製品に対するコストが高くなってしまう。
国際競争力を考えた場合に、この点はどうかと考えさせられるものがあります。

あくまでも日本ブランドを維持して「高性能な高級品」を作り続けるか、それとも道具として必要な機能以上を求めずコストダウンを計るか・・・

日本人一人一人が考えるべき時期に来ているのかもしれません。

トラックバック

http://primavera615.blog.fc2.com/tb.php/8-1375134f

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

プロフィール

陶工房Primavera

Author:陶工房Primavera
工房ブログへようこそ!

◇◆◇展示・販売のお知らせ◇◆◇
・「~第二回~臨時ギャラリー展」は大盛況のうちに終了しました。ご来場どうもありがとうございました。こちら☆へ。

・心斎橋のねこ庵さまでコースター、温度計などの作品を委託販売して頂いています。ねこ庵さまのブログhttp://ameblo.jp/keismako/

・猫柄パズルは大阪心斎橋の「A stair」さんで手に取って遊んでいただけます。詳しくはこちら☆へ。

◇◆◇ランキングについて◇◆◇

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ♪クリックで投票となります(1日1回有効)

◇◆◇まつもとのりこ◇◆◇



大阪生まれ。甲南大学応用数学科卒。IT業界にて忙しい日々を送っていた2002年にスペインタイルと出会う。(出会いの詳しいエピソードはこちら☆へ)2005年スペインタイルアート工房卒業。専門コースに進み、2012年よりスペインタイル作家・講師に転身。陶工房Primavera主催。

2016年より京都造形芸術大学通信洋画コースで学び中。

2016年空堀アート公募展「風雅第15回絵画展」奨励賞受賞。その他グループ展参加多数。

また、鑑定士(占い師)の経験もあり、現在はペットの気持ちのみ無料リーディングを行っています。こちらからどうぞ。

◇◆◇看板猫その1◇◆◇

koneta290_convert_20120703113619.jpg

なんちゃってアメショーのぶぅにゃん。
推定1994年12月17日生まれ。
1995年6月に突然「ボクと暮らしませんか?楽しいですよ!?」と実家に訪問販売に現れる(笑)お客さん(特に女性)が大好きでご機嫌さんな日々を送っていましたが、2017年5月4日22歳で永眠。

◇◆◇看板猫その2◇◆◇

goods030.jpg

オッドアイが魅力の白猫めぃちゃん。
推定1996年9月1日生まれ。
同僚が住むマンションのゴミ集積所の大きなコンテナに捨てられていたところを保護。ぶぅ兄ちゃんと仲良く暮らしていましたが、2006年10月、肝臓を患って旅立ちました。今回、虹の橋の向こうから参加です。

◇◆◇看板猫その3◇◆◇



茶トラの亜子姫。
2008年3月中旬~下旬の生まれ。
生後6週位の時、高知県某所の街中の植え込みに捨てられていたところを保護。ネットで里親募集を見た、ぶぅ兄ちゃんの一目ぼれでお嫁入りしてもらうことに(詳しくはこちらの記事から)。以降、ぶぅ兄ちゃんの24時間保育でスクスクと成長し、今や、カトちゃん夫妻もびっくりの仲良し年の差カップル(笑)

◇◆◇著作権について◇◆◇

デサインの使用、模倣、当ブログ内の画像や文章の転載を禁止します。

◇◆◇リンクについて◇◆◇

リンクフリーですが、ご一報くださると嬉しいです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

PVアクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: